四季折々に

<   2017年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

    お隣りさんたちの文化祭

e0234924_17032449.jpg

ようやく青い空 それだけで嬉しい
雨の霞が取れたらなんとまあ 世の中綺麗な事!!
あっちもこっちも そこもここも
赤や黄色の色さまざまに・・・・
どこかで聞いたフレーズが自然に出てくる

昨日がこんなお天気だったらよかったのに

e0234924_17071053.jpg

昨日は地域の文化祭だった
いつも挨拶している隣のオジサンオバサン子供たち
みんなの作品が公民館に並んだ並んだ

e0234924_17124698.jpg

雨降りも激しい雨ふりで
折角の展示も寂しくなっては寂しいなー
そんな気がして行って見た

e0234924_17151816.jpg









あの人が この人が・・・・
皆さん 日頃の成果を発揮されていた
隠れ技をお持ちの皆さんにビックリ感心してしまった



e0234924_17173550.jpg


絵画 編み物 盆栽 木彫り 書 写真
紙細工 切り絵 和紙人形・・・・・・
皆さん 日頃の生活のなかで
楽しんでおられる事に
自分も頑張らなくてはと励まされた感じ

e0234924_17222031.jpg




















子供の絵はやはりいいなー
見ているだけで力が湧いてくる
一生懸命さが伝わってくる
思いが伝わってくる




身近な人たちの手による手作りの文化祭
小さい公民館で小さい展示
でも暖かさがいっぱいだった











[PR]
by jarippe | 2017-10-30 17:29 | Comments(4)

   まだまだ降りそうな雨

e0234924_10004275.jpg


台風22号 が今東に向かって進んでいる
秋雨前線も復活し昨日からまた雨

この季節いろんなイベントが計画されている
いろんな見学や体験など愉しみコーナーを設けてのウォーキング
文化祭 お祭り 収穫体験  体育祭などなど
それなのに 土曜日も日曜日も雨 ガッカリばかり

e0234924_10140175.jpg

先週も台風に見舞われていた
その日は選挙投票日だった
一週間前の事だったなんて・・・・
もっと前の事のような気がしている
なんでだろう~ なんでだろ~
TVでは相変わらず各政党事情のことばかり

e0234924_10142160.jpg

どんどん政治離れが進んでいくようにも見える
他人のせいにしていられない
今自分たちの生きている世の中の事なんだけれど

先日の新聞投書欄に高校生の意見があった
『若者の投票で未来を決めよう』
≪・・・・・投票率が53%という結果がでた
・・・・・TVや新聞で選挙について取り上げられていたのに
自分の住んでいる国の未来を決める選挙なのに
はっきり言って異常としかいいようがない


世代別で高齢者の投票率が高く若者が低いのは問題だ
憲法改正の国民投票もそう遠くはないと予想される
改正するにしろしないにしろこれからの日本を担う若者の投票で
これからの日本を決めようじゃないか
・・・・・・・・・今回はまだ選挙権がなかったが
次からは自分の1票で国の未来を切り開いていきたいと思う。≫

頼むよ若者たち

e0234924_10325462.jpg

雨の中 千葉の義兄のところから
大きな大きな梨が届いた
ソフトボールよりまだ大きいような立派な梨だ
なんだか大きい事だけで元気が出た
やっぱり 〝大きい事はいいことだ” かな?

e0234924_10354920.jpg




 


[PR]
by jarippe | 2017-10-29 10:43 | Comments(7)

   スゲーッ!!


e0234924_06305720.jpg
10,27 AM6:00

おっ!! すごーい !!






[PR]
by jarippe | 2017-10-27 06:32 | Comments(6)

   おっ!!

e0234924_08302990.jpg

おっ!! 真っ白だー !!






[PR]
by jarippe | 2017-10-26 08:33 | Comments(10)

   あめがふります あめがふる

e0234924_10360012.jpg
また 雨スタートの日となった
台風が秋雨前線も周りの雲も吹き飛ばしてくれたと思ったのに
更には 台風22号が週末には接近だとか

e0234924_10383873.jpg

里山も紅葉しはじめ
散歩がてらのミニもみじ狩りを
楽しみにしていたのに

e0234924_10403437.jpg









みんな泣いてるよ木の実だって
野の花だって・・・・私だって
泣いてるよ

e0234924_10421040.jpg


てるてる坊主を作ろうかなー
♪ そなたの首をチョンと切るぞー
             ・・・・・・♪ 
なんて怖いことしないから

e0234924_10442177.jpg







今 この雨を喜んでいるのは誰だろう
猫も散歩に行けなくてイライラしている
人間の勝手なんだけど
恵みの雨にしたり
迷惑の雨にしたり
それにしても今年は雨が多い事だ

e0234924_10533494.jpg

夏からずっと百日頑張るって咲き続けている百日草
この頃寒くて寒くてそれでも蕾を開いている
温かい陽の光を黙ってじっと待っている

子供の頃 〝 お天道様 お天道様お手紙上げるで
陽を当てとくれ・・・・・・” 
〝 あーした天気になーれ ”と
下駄を放り投げてお天気占いをしたことを思い出す

e0234924_10590196.jpg
♪ あめがふります あめがふる
ひるもふるふる よるもふる
あめがふります あめがふる ♫

***********


More   午後になって
[PR]
by jarippe | 2017-10-25 11:11 | Comments(4)

    青空になった。。。。。

e0234924_17213723.jpg

台風一過 選挙一過 雨の日一過

白い雲がどんどん吹き飛ばされて

待ちに待ってた青空になった

洗濯物を干した 窓を開けて掃除ができた

でもなんだか脱力感

e0234924_17270675.jpg

羽のちぎれたヒョウモンチョウが

落ちた柿の実を一生懸命なめていた

あの強い風の中 蝶はどこにいたんだろう





[PR]
by jarippe | 2017-10-23 17:38 | Comments(3)

    上高地 その2


e0234924_19215249.jpg

大正池 田代池 から梓川に沿って河童橋までやってきた
ほぼ1時間ほど歩いただろうか

紅葉が終わり落ち葉のころ その枯れた感じが気持ちを落ち着かせてくれる

e0234924_19260945.jpg

上高地は紅葉というより黄葉のイメージが強い
カラマツやケショウヤナギが多いからかな
そんな中 赤いモミジが特別鮮やかに見える
e0234924_19302918.jpg









さて さてこの先どうされますか
客人は 迷いながらも明神池まで行く事にした
往復2時間近くかかる 


この日のうちに長野市へ行く予定なので
ちょっとハードではないかと 心配になった

e0234924_10372817.jpg

小梨平を通り抜け
e0234924_10363987.jpg











道は少し登り坂になってきた
それでも木々に囲まれた道は心地いい

車椅子を押されながらの方は大阪から来られたという
この季節人出も少なく
行き交う人たちとおしゃべりが出来たり挨拶出来るのが嬉しい
e0234924_10072046.jpg

山がぐっと近くなる
ゴツゴツした山肌が険しさを見せてくれる
今もきっと何人かがこの山に登っていることだろう

e0234924_19570472.jpg

河童橋からの距離は3Km弱
でも少々登り道 
大正池から歩き続けた足はくたびれ始めていた
澄み切った綺麗な水に励まされながら
梓川にかかる橋を目当てに歩く
e0234924_20031550.jpg








ここまで来れば明神池はすぐ近く
客人もさぞお疲れではないかと思われる
帰りもあることなので
無理をさせてしまったのではないかと
内心心配になった

e0234924_09340885.jpg

たどり着いた 明神池はシーンとしていた
でも 周りの木々が葉を落としているからだろうか
以前のイメージとはちょっと違って見えた

ピタリと止まった水面 そこに映る周りの景色
それは同じなんだけれど
・・・・・・

e0234924_09320041.jpg

季節が違うからだろうか
もっともっと暗く もっともっと木々が繁り
神秘的そのものだった
e0234924_10394330.jpg


きっと周りの木々が落葉し明るくなったんだろう
夏には 濃い緑の中に張り詰めたような水面が
訪れた人たちを魅了した事だろう


e0234924_10400075.jpg






客人は 歩いた価値があった
今迄の池とは全然違った雰囲気だと
とても感動されていた
よかった!!


e0234924_10082045.jpg


帰りは少し下り坂

標識の 河童橋まであと2キロ
あと1,5キロ あと0,5キロ・・・・・をたよりに

大正池からひたすら歩いた上高地散策
険しい大きな山を仰ぎながら
お客様そっちのけで
自分が楽しんでしまった
おかげさまで思いがけず上高地にこられ
穂高岳と向き合う事が出来た
この間 歩数計は23000歩を示していた

お客様に お天気に 山々に 木々に 水に あらゆるものすべてに有り難う

e0234924_10232748.jpg
♪ 穂高よさらば また来る日まで~・・・・
・・・・・・帰りみすれば 遠ざかる・・・・・
瞼に浮かぶジャンダルム・・・・・♪♫

この歌が頭の中をグルグル回っていた

この後お蕎麦を食べて お客様を松本駅でお見送りした
さぞかしお疲れになった事だろう 
長野市 上田市それぞれに一泊し目的の新潟へ向かわれるという
80歳ということだけれどお一人での旅 そのパワーに感心してしまった 






[PR]
by jarippe | 2017-10-21 10:10 | Comments(7)

  上高地 その1


e0234924_10333703.jpg

10月18日 上高地大正池からの穂高岳
バスを降りたら青い空と迫りくるような穂高岳がドーン!!
ドキドキ ワクワク ゾクゾク ワーワーワヲー

e0234924_10362017.jpg

振り向けば焼岳が おおーありがとう!!
ありがとう ありがとう

福岡の夫の友人が新潟に行く途中
我が家に立ち寄ってくれ
上高地へ行きたいとの事 雨続きのこの頃
雨の山ほどつまらない事は無い・・・・
寒いだろうし・・・・・




e0234924_10402424.jpg

晴れてはいるものの
向かう山方面は雲に覆われていた  空模様を気にしながらも
周りの紅葉が日差しを受けてそれはそれは綺麗だった
バスが釜トンネルを抜けたころ空は真っ青になっていた

e0234924_10461585.jpg

大正池でバスを降り
河童橋へ向かって歩く

e0234924_10481498.jpg










紅葉は終わりに近づき
落ち葉が足元にカサカサ鳴っていた 
空気は冷たいけれど
風がないのでスッキリ気持ちがいい

e0234924_10510601.jpg

田代池 晩秋の静けさだ
上高地は何年ぶりに来たんだろう
整備が整った歩道を今年はどれだけの人が歩いたんだろう

e0234924_10540102.jpg

田代池あたりから見える穂高岳
西穂 奥穂 ジャンダルム 前穂 そして明神岳
嬉しいなー こんなに綺麗な景色に出合えて

e0234924_11091540.jpg


流れる水の綺麗な事
水って本当はこうなんだよね
足元の小さな流れの水も澄み切っている
上高地の水は大雨が降っても濁らないそうだ


e0234924_11011265.jpg

マユミの木が沢山あり
それぞれに沢山の花?実?をつけていた
清らかな流れとともに
優しい秋の日差しと澄んだ水の流れに
清められ癒されながら河童橋へと向かった

e0234924_11100659.jpg







福岡の友人は80歳とのことだったけれど
とってもお若くお元気そして健脚でおられた
5月頃転んでひざを傷めたそうだけれど
サッサと足を運ばれていた


e0234924_11142598.jpg
水辺で遊ぶ人たち 遊びたくなる気持ち一分かるなー

e0234924_11154705.jpg


シラカバはほとんど葉が落ちていた
カラマツがまだまだいい感じ
辺りを黄金色に染めていた

e0234924_11174360.jpg








そしていよいよ 河童橋
上高地の定番だ ここは流石に人がいっぱい

定番の河童橋からの穂高岳をカメラに収めた

e0234924_11190483.jpg

長くなったので この先は次回に







[PR]
by jarippe | 2017-10-19 11:28 | Comments(7)

   ドングリコロコロ コーロコロ

e0234924_09223828.jpg

冷たい雨がしょぼしょぼ・・・・・
今日の日曜日は地域の運動会が予定されていた
一昨日早々とその中止の連絡が来た
天気予報を見れば雨雲が当地にどんどんかぶさってきている

夫は去年から地域の公民館の係りを受けていて
随分前から選手をお願いしたり段取りを決めたり準備を整えていた
けれど お天気がこんなでは仕方がない
さっそく お願いした皆さんに中止の連絡に追われていた
考えて見ればたしか去年も同じように中止になった
どうも 夫は雨男らしい

e0234924_09311641.jpg

いつもの公園では 恒例のクラフトピクニックが行われている
工芸作家さんたちも楽しみにしている皆さんにもちょっと残念なお天気
でも 雨の合間 賑やかだ
春のクラフトフェアーは展示即売に対し
秋は体験を楽しむ感じで
木工 金属 織物 ガラス 皮 糸や布 染め物 等々
コンコン ザーザー ゴシゴシ キンキン その作業の音が響いていた

e0234924_09403879.jpg
何でも体験してみると発見があるんだろうなー
と思いつつ見るだけで帰ってきた

クリがキッチンに溢れているのでなんとかしなければならない
庭の大きな栗の木が今年はどうも豊作らしい
夫が毎日ボール一杯に拾って来る
その上知人が大きな栗を持ってきてくれたのだ
・・・・・・・


e0234924_09471657.jpg





そんなわけで 栗ご飯に 渋皮煮の定番を
ひたすら皮を剥き ご飯を炊いたり
茹でこぼしたり・・・・・







e0234924_10440073.jpg

田舎の田舎の里山に
それはそれはやんちゃな イガグリ小僧三人組がいました
そこに ポツン コロコロ ポツンコロコロ・・・・と
ドングリ君が落ちてきました
始め怖がっていたドングリ君たちでしたが
イガグリ小僧たちが一緒に転がって遊んでくれました
ドングリ君たちは大はしゃぎなのでした




ドングリ君よかったね お池に落ちなくて良かったね

                         おしまい。






[PR]
by jarippe | 2017-10-15 10:58 | Comments(9)

   練習あるのみ? それともー

e0234924_09183195.jpg

天気予報通りに雨スタートの13日金曜日となった
秋雨前線の停滞でしばらくの間 お天気が良くないみたいだ
運動会やマラソン 遠足等楽しい行事が予定されているだろうに

e0234924_09221614.jpg

色づき始めた木々を見ると
何処かへ行きたーい 気分が湧きあがってくる
標高の高い山は既に紅葉はおわっているらしい
1000mほどの所を散策したいものだ

e0234924_09260495.jpg

昨日は久し振りに歌声広場へ行った
9月は一回も参加できなかった
秋の童謡唱歌を歌ってきた
一人じゃあ自分の哀れな声に歌えなくなってしまうが
みんなで歌えば怖くない
自分も大きな声で歌えている気になる

e0234924_09295157.jpg




今にも降り出しそうな空模様だったけれど
気分は青空 さっき歌った音楽が体中に満たされている
出会った野良ちゃんに「またね」と声かけて
足も軽く公園を後にした

e0234924_09354856.jpg


先日 夫がアケビの蔓をぶら下げて帰ってきた
そして 「 絵の題材にいいかと思って・・・・」と
黒い種がぎっしり詰まっているこのアケビを食べた思い出
淡い甘みが思い出される

絵を描きたい 描けたらいいなー 

e0234924_09492377.jpg

思うようには描けないけれど挑戦してみたい気持ち
と 夫の気持ちを〝忖度”して描いた
描けば描くほど目の前のアケビから遠ざかる
やればやるほど難しいことを知らされる


e0234924_09412688.jpg




力を抜いて気楽な気持ちでいつもの時々絵日記に
ボールペンでぶっつけ本番

どちらにしても これなんとかならないものかなー
全体の蔓のしなやかな感じを出したいのに
実ばかりが主立ってしまった


どうも私は絵が大きくなってしまう
優しいタッチでサラッと描きたいのになー
練習あるのみかなー それとも元々無理?






[PR]
by jarippe | 2017-10-13 10:07 | Comments(9)