四季折々に

傘がないので帰ろ帰ろ

e0234924_16152795.jpg


迷惑台風12号
各地にまた大きな被害を残しました
心よりお見舞い申し上げます
みんな みんなもう災害はいやと言っているのに
無情な自然ですね

9月に入ってずっと雨
雨と雨の合間をくぐって
ウロウロしてみました
e0234924_1619230.jpg


こんな中でも
花をつけ実を結んでいます
日差しを待ちながら でしょうか

e0234924_16205329.jpg


夏の花も青空の下で精一杯咲きたいことでしょう
どんよりした日には
e0234924_16224290.jpg

小さくても 白や黄色が目立ちます
e0234924_16235917.jpg












あーあ 
やっぱり
ぽつぽつ落ちてきました
傘もないので
帰りましょう

e0234924_16251682.jpg


新しいリーダーもスタートします
皆で 知恵を出し合って
皆で 協力できる 頑張れるように

期待しています
期待出来る出来ないんではなくて
期待しなくちゃならないんです
[PR]
# by jarippe | 2011-09-05 16:34 | Comments(2)

袋中はラブラブでした

e0234924_14511013.jpg


 台風が近づきました
 雨が静かに降ってくれることを願って
 畑に種を播きました

 大きな 大きな大根になーれ
 すくすく すくすく大きくなーれ

 ほうれん草と小松菜の種もまきました
 虫にとりつかれないように
 素直に元気に大きくなーれ と言いながら

 おばあさんは種に土をかけました  つづく
 という感じです

e0234924_1522868.jpg


 フウセンがポックリ大きくふくらみました
 二個づつ並んで風にゆらゆらしています

 ふうせんを破って中身を見てみると
 どれにもみんな ハートマークがついていました

 あらまあ 袋の中は ラブラブだったんですね
 のぞいてしまって ゴメンナサイ ね
 
[PR]
# by jarippe | 2011-09-02 15:12 | Comments(2)

立派だなー

e0234924_1434443.jpg


8月が終わります
夏も終わり?
例年より早い梅雨明け
同時に始まった猛暑

暑かったー
今年の夏は長かったような気がします

先の見えない世の中から
早く抜け出したい気持ち
そんなのが続いていたからかな

季節は巡っています
稲穂が実りはじめました
どうかどうか豊作でありますように
東北の皆さんとともに喜び合いたいです

e0234924_14413681.jpg


春 私をビックリさせたあの花の実が
こんなに大きくなっています

e0234924_14495081.jpg


そして これこれ
もうすぐ 袋の中から
ツヤツヤした大きな粒が顔を出すことでしょう

花が咲き 実となって
卵から幼虫にそして成虫に
小鳥たちは親から沢山の餌を運んでもらい
巣立ちました

e0234924_14544386.jpg


トンボは この指?止まれ・・・・・
セミたちは精一杯の力で歌っています
がんばれー

季節の移ろいの中で
それぞれが それぞれに
命をつないでいます
すごいなー

なんのモクロミも欲得もなく
自分の営みを続けている
ひやー  立派なもんだ
[PR]
# by jarippe | 2011-08-31 15:06 | Comments(2)

気持ちのいい秋に

e0234924_14454353.jpg


日毎に花の数を増やしている朝顔
おかげさまで朝窓を開けるのが楽しみとなりました

朝顔って日没から
10時間たつと開き始めるとか

ではでは 日が短くなりつつあるこの時期
開き始める時刻は早くなるってことでしょうか

早起きは三文の徳(得?)ですね

e0234924_1456464.jpg
















そこここに秋の気配が感じられるこの頃
何か分からない期待感
秋になったら
きっと良いことがある

そんな気持ちと裏腹に
どうなっちゃうの?  の気持ち
日本のリーダーって何?
考えてもどうにもならない
日本のリーダー選びの仕組み

これじゃあ いつまでたっても
強いリーダーはでてこないよ
あ~あ  

いい秋にしたい
被災された皆さんと
一つになって
いい秋にしたいなー
[PR]
# by jarippe | 2011-08-28 15:06 | Comments(4)

お帰りになりました

e0234924_2143320.jpg


お盆が過ぎてゆきました
ご先祖様は何を思ってお帰りになったのかなー

今年は数十年ぶりに実家の送り盆へ行きました
背丈以上もの松明に火をつけ
近所の人たちが揃ってお墓へ
e0234924_2147019.jpg


口々に
「じっさ ばばさ お帰りお帰り」と言いながら
墓石の周りを回ります
お墓は火と煙でいっぱいです
e0234924_21491474.jpg


その後 隣の引導場で火のついた松明を
暗い空へ放り上げます
そうして集められた火の回りで
子供たちは待望の花火です

松明の火とともに先祖を迎え送るお盆
子供の頃となにも変わらず続けられていること
がとても有難く 嬉しく思います
[PR]
# by jarippe | 2011-08-18 21:57 | Comments(2)