四季折々に

    綺麗で綺麗で綺麗な空


e0234924_21091341.jpg

空が綺麗で綺麗で綺麗で
夕方6時過ぎのこと

e0234924_21115345.jpg


言葉がでない
常念岳のとなり大天井岳辺りに日が沈んだ
槍ヶ岳も痛そうなくらいに尖がって見えている

もっと横に目をやれば
e0234924_21124670.jpg

彩雲?  
・・・・・・・・
e0234924_21132168.jpg

それにしてもいい空だ
おーい みんな空を見ようよー
風が冷たくなって
ほてった体を冷ましてくれる

乗鞍岳もシルエットを浮き出している
e0234924_21083847.jpg


昼間の乗鞍岳

e0234924_21303040.jpg

まだまだ雪がたくさん残っている
この山は夏スキーも出来る

常念岳の雪は ほんのちょっと

e0234924_21334725.jpg

6月22日の空模様でした





[PR]
# by jarippe | 2018-06-22 21:46 | Comments(4)

   子猫返り治療法    

e0234924_11084268.jpg

里山をも覆ってしまっている雲
これが梅雨前線というヤツなのかな~

今日は夏至
明日から日が短かくなるなんて・・・・・
これから夏本番なのに

e0234924_11124923.jpg

ソバの花が辺りを明るくしてくれている
夏ソバとなってふるまわれることでしょう

先日の新聞のコラムが面白かった
まるで我が家そっくりだったから

e0234924_11155488.jpg

動物ライターの加藤由子さんのお家の猫は
12歳となりジャンプ力が衰え失敗することもある
チビは抱っこ抱っこと甘えぶりを見せはじめ
膝から胸へとよじ登り襟巻のように張り付いてくる
ソファーで腕枕をし寝かしつけ離れようとすると「いやだ~」と追ってくる

e0234924_11283446.jpg
具合が悪い時甘ったれの猫ほど
スキンシップ求め更に甘ったれになる
スキンシップで不安を取り除くことが
回復の手助けになることを
本能的に知っているのだ

e0234924_11311097.jpg







その意味では甘ったれの猫には
「抱っこ」という治療法もあるという事になる
この間まで
「ワタシはワタシよ 放っておいて」だったチビが
「カアチャン命猫」変貌した

e0234924_11355542.jpg

体調を崩す可能性が増加するであろうチビの老後にとって
この子猫返り治療法は 心強い事である
この発想は  私の老人力とする。

我が家の猫 jyariko(18歳)も最近べったり甘えて
行く先々ついて回る
特にこちらがリラックスしようと思う時間には
このチビちゃんと同じに私の胸に張り付いてきて
喉をゴロゴロ鳴らしている
暑くなってきて毛が抜けるので抱っこも大変なのに

人もスキンシップで癒される事は沢山あるなー

e0234924_11384571.jpg







[PR]
# by jarippe | 2018-06-21 11:51 | Comments(4)

   10年もどれたら何する?

e0234924_22013648.jpg

市街を流れる女鳥羽川
水かさが少ない感じがする

e0234924_22034824.jpg

その際に こんな湧き水があった
〝若返りの水” だそうだ
欲深く飲むと赤ちゃんになっちゃうよ-

どれくらい若返りたいかなー
10歳くらいかな
10年戻れたら・・・・・何しよう
何でも出来そうな頑張れそうな気がしてしまう

e0234924_22093500.jpg
帰宅すれば
沢山の梅が待ち構えていた
今年も漬けなくちゃいけないんだー
ウメの酸味があまり好きではない私
でも夫はよく食べる孫も好きだ
塩漬けに4~5㎏
酢漬けに2㎏
ほど漬ける事にした

去年も同じくらい漬けた
だいたい食べてしまった
酢漬けの汁を薄めて暑い時飲んだりしている


夫はすりおろしその搾り汁を煮詰めて
梅エキスを作りたいと言っていた
お腹の具合が悪い時効くそうだ

e0234924_22151643.jpg

ツバメオモトの実がいい色になった
可愛いなー
ツバメの頭に似てる?








[PR]
# by jarippe | 2018-06-19 22:24 | Comments(5)

  晴れの日 玉ねぎと

e0234924_18473028.jpg

梅雨の晴れ間 清々しい朝となった 
クリの花が・・・・
この花があの丸くて可愛いく美味しい実になるなんて不思議だなー

e0234924_18503597.jpg


いつやるの 今でしょ!! 
暑いけれど乾燥していて風もある こんな日が
玉ねぎを取るのに最適
こんなに沢山どうするのー
来年の春まで使う玉ねぎ それにしても多すぎです
今年はちょっと小玉だけれど使いやすい

今日の仕事はこれでお終い

e0234924_18565963.jpg


今夜から玉ねぎばかりの食卓になりそうだ









[PR]
# by jarippe | 2018-06-17 19:03 | Comments(6)

   オラ 東京さ行っただ

e0234924_10181093.jpg

東京だよおっかさん

娘に誘われて東京へ行った
スーパーあずさ新型車両に乗って
幾つものトンネルを抜けて

オラ 東京さ行っただ

e0234924_11214733.jpg

海を見た
アジサイが綺麗だった
風が心地いいなー

e0234924_10224348.jpg
〝ゆりかもめ” に乗った
海が見える さまざまな形のビルが
遠くの方まで限りなく(?)続いている
ほらほら あそこスカイツリー・・・・・・

オラ 東京さ来ただ

e0234924_10262797.jpg
東京タワーだって見ただ
とうちゃんは上ったことがないだって
上ってみっかー

e0234924_10371573.jpg
あのビルが・・・・
このビルが・・・・
そのビルが・・・・
その隣のビルが・・・・
富士山は・・・・見えないね
あっちが横浜
こっちがさっき歩いたお台場・・・・
我が家はあっちのあっちのあっち だね
 
e0234924_10413293.jpg

東京は去年秋
姪の結婚式で行った以来かな
魅力がいっぱいなんでもありな感じの
東京だった 若いころは
今も勿論あれもこれも見たい知りたい
体験したい
東京だから東京でなければの事も沢山ある
盛りだくさんの東京だ

e0234924_10461860.jpg





幾つかの電車に乗った
沢山の階段を上ったり下りたりした
いろんな人とすれ違った
ぎゅうぎゅう電車の乗り降りに
お互いさまの心遣いを感じた
人が多いからこそのルールだなーと思った



e0234924_10545313.jpg
娘が キュリオスの席を用意していてくれていた
一言で言えばサーカスなんだけれど
ハラハラドキドキ びっくり仰天
同じ人間だと思うと 人って素晴らしいなーと思った
そこに優しさと笑いがあって
いつもいつも笑みが有る温かいショウだった

どれだけ練習しどれだけ信頼し合っていることか知れやしない

e0234924_11034478.jpg
翌朝 築地市場へ4時起きして行った
既にマグロのセリ見学の席は締め切り
この時間なのに長蛇の列 その列に加わって
2時間並んだ甲斐あるお寿司を頂いた

その間築地で働く人たちは車に発砲スチロールの箱を摘んで
右に左にとても忙しそうだった
我々がウロウロしていたら邪魔なんだろうなーとしみじみ思った

秋には移転してしまう築地市場
今のあの雰囲気の築地が無くなるのが寂しく思えた

帰宅すれば玄関先で 老猫が足をそろえてちょこんとすわって待っていてくれた
畑ではピッカピカのナスやキュウリが今 食べごろだよと言っていた






[PR]
# by jarippe | 2018-06-15 11:26 | Comments(12)