四季折々に

午後の安曇野へ

e0234924_11362587.jpg

                            連休前半のなかび28日は
                           それはそれはよいお天気でした

                           空の青さと心地よい日差しに誘い出されて
                           午後 安曇野方面へ出かけました

e0234924_11391641.jpg


                           360度 ぐるーっと
                           雲ひとつ無く山がきれいです

                           白馬連邦の真っ白い山が目の前に広がります
                           ニュースではまた 残念なことに
                           白馬岳での雪崩遭難が報じられています
                           まだまだ厳しい冬山です

e0234924_11433165.jpg


                           走る車の中からのカメラですので
                           スッキリしない写真なのですが

                          同じ常念岳も次第に形が変わってきます
                          そして次第に山が近くなるのを感じます

e0234924_11471531.jpg


                          山桜 八重桜 花桃 サクランボ・・・・
                          木々の花が遠くに近くに
                          安曇野の春を告げていました

                          水がはられた田んぼには
                          その姿を映し出し
                          この時期ならではの景色です

e0234924_11532854.jpg


                          まだ芽吹きを楽しむにはちょっと早い
                          でもそのもう一歩前を楽しんで
                          萌黄色に包まれた木々を山を想像しながら

e0234924_11563364.jpg


                          いたるところに咲くカタクリの花
                          キュッっとしたその花に
                          しんの強さを感じたりしました

e0234924_11585274.jpg


                          途中 岩から流れ落ちる水を一口二口
                          だって これは延命水なんだそうです

                          むやみに飲んで むやみに長生きしても困るので
                          ほどほどにして・・・・

                          あてもなく 奥へ奥へ


e0234924_1244084.jpg

                         
                          常念岳はすっかり安曇野の常念岳の顔になりました
                          周りの木々の芽吹きは一層堅くなりました

e0234924_12343563.jpg


                          それでもちゃんと頃合いを知る山の花たちは
                          静かにきちんと自分を主張しています

e0234924_12315173.jpg

                          
                          どうやって厳しい冬を過ごしてきたのでしょう
                          虫たちも元気に動いていました
                          みんな みんな生きているんだ・・・・
                          ってことですねー

e0234924_12183552.jpg


                          山は一層近くなり
                          陽に雪に焼けた赤い顔の
                          大きなリュックを背負った下山される人と
                          こんにちわ とかわすようになりました

                          常念岳の登山口です

e0234924_12223038.jpg


                           唐松の芽吹きはまだこんなでした
                           あと一週間ほどしたら
                           目を見張るような鮮やかな木になることでしょう

e0234924_12242716.jpg


                           こうして雄大な白い山と木々の息吹に
                           励まされて 牧場のソフトクリームを食べ
                           穂高の温泉に身を浸して参りました

e0234924_1227254.jpg

                









[PR]
by jarippe | 2013-04-29 12:10 | Comments(8)
Commented by otomeurarafuku at 2013-04-29 14:28
こんにちは~♪
あずみの 憧れの地です
午後からちょっと…気軽に訪れることができるなんて 素敵ですね
山の白と空の青さのコントラストが 素晴らしいです
カタクリの花も まだ 見たことがありません
可愛い花ですね
Commented by 松風 at 2013-04-29 15:09 x
jarippeさん、
きれいなお写真!
私も こんな山を見たかったのですよ。
いいな~、いつ見ても清々しくて立派な常念は、、、、、
今の私には富士山より見飽きない山です。
松本からの常念は一番ですね。
今海岸線を歩いてきたのですが、
富士の山は霞んで姿を見せませんでした。

お花を見るとこちらより3~4週間遅れて、
今年2度目の春を見ているようです。
Commented by yasukon20 at 2013-04-29 17:14
こんにちは!
隣町が安曇野だと以前教えていただきましたね~~。とっても綺麗です。
夫の友人が住んでおりますが話だけで終わっている始末で いつか本当に訪れてみたいです。
日々美しい山並みに囲まれておられ良いですね。
むやみに・・うんうん 一人笑いながら読ませてもらいました(笑)
長生きもほどほどが良いですよね(^_-)-☆
Commented by jarippe at 2013-04-29 21:15
otomeurarafukuさま
  この日はお天気がとてもよく
  空気も澄んでいて山がきれいに見えました
  もう少しすれば新緑に包まれますね
  そんな中へ行くのも気分一新できますね
Commented by jarippe at 2013-04-29 21:21
松風さま
  この北アルプスは今が一番きれいなのかもしれませんね
  青と白と緑と  田んぼに水が入ると一層いいですね
  夏はその色がないので・・・・・
  田舎で育った私にはもう都会に行く元気がありません
  娘が東京にいるのですが
Commented by jarippe at 2013-04-29 21:26
yasukon20さま
  どうぞご主人様とお出かけになってください
  そして延命水を存分にお飲みになってくださいね
  冬を除けばいつでもお楽しみいただけると思います
  
  山国に暮らす私は海に憧れみたいなものがあります
Commented by 11hiyo at 2013-04-30 22:38
安曇野、いついっても素敵な場所ですね
この広い大地 この広い空 元気をもらいますね
片栗、美しいです
Commented by jarippe at 2013-05-01 08:47
11hiyoさま
  安曇野と呼ばれるようになって
  どんどん垢抜けして行く感じです
  この自然に感謝です
名前
URL
画像認証
削除用パスワード