四季折々に

<   2016年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

  3月の嬉しいこと

e0234924_09255923.jpg


カレンダーを見れば3月も残り2日となった
梅が咲き杏も咲き出した

今月初めころ
夫も私も3月に誕生日ということで夫から
誕生祝いとホワイトデーを兼ねて温泉に行かないかとの提案があり
 八ヶ岳の麓の蓼科温泉へ行くことにした
更に夫から
蓼科の入り口の茅野市に独り暮らしをしている
90才になる叔母を誘って行こうとありがたい言葉

e0234924_17185344.jpg


この叔母は60歳ころから74歳までマラソンをしていて
64才でフルマラソンを完走した
全国各地の大会に一人で出かけて走っていた

90才の今 それなりだけれど
畑を耕しても 平気という心肺はマラソンのおかげだろうか
遠慮しながらも一緒に行ってくれ
たっぷりの湯にゆっくりと浸ることが出来た

e0234924_17285508.jpg

帰りに 諏訪湖のほとりにある
原田泰治美術館へ立ち寄った

e0234924_17500162.jpg

原田泰治の独特の絵はいつ見てもほっこりする
その細やかな筆遣いには圧倒されもする

それが 今回
その細やかな絵をキルトで表している
これにはびっくりした
あの細かな絵がそのままキルトになっている
木の葉一枚 瓦一枚 草花一つ一つ
全部キルトだ

立ち尽くしてしまった

半年から2年ほどの期間で作成している
その間 ひたすら絵と布を見比べて針を運んでいるのでしょうか
ただただ 感心してしまった


e0234924_18013674.jpg

3月の嬉しい出来事でした









[PR]
by jarippe | 2016-03-29 18:12 | Comments(10)

  お天気に恵まれた早春の一日

e0234924_18452609.jpg

昨日の夕陽が今日のお天気を教えてくれていた

3月も残り少なくなった

 子供たちは春休み 大人たちは年度末

終わりと始まりの混ざり合ったここ数日だ

e0234924_19003693.jpg


お天気に誘われ 午前中美術館へ行った

知人のかなの書展があった

細くて優しく滑らかな筆運びと集中力

何年も練習を積み重ねたことがしのばれる

いきなりな自分にはとても真似できない

別世界だ

e0234924_19011254.jpg

そして写真展もあった

身近な場所や風景が鮮やかに写し出されていて

何だか嬉しくなった

e0234924_19063804.jpg
      そして午後は

今年始めて(?)本気で草取りをした

気が乗らずにいる間に

草たちはグングン根を張り葉をのばしていた

まだまだあるぞー

明日も明後日もやらなくちゃ


野鳥たちが今夜のねぐらを相談していた

ヒナを育て始めるのももうすぐだ

e0234924_19121506.jpg







[PR]
by jarippe | 2016-03-27 19:25 | Comments(5)

雅なお姫様がいた平安時代

e0234924_06214134.jpg

歴史に興味を持ち始めた
孫と縄文時代へタイムスリップ

平井出遺跡へ

e0234924_06245043.jpg

縄文時代から平安時代の住居跡
竪穴式の住まいがいくつか並んでいます
このあたり広い範囲で
土器などが発掘されています

小学校の遠足で行った記憶がかすかにある

今は国の指定文化財になっているとのこと
周りもキレイに整備されていた

e0234924_06294552.jpg

近くには清水が湧き出している
きっとここから水を運んでいたのでしょう

それにしても寒さをどうしのいでいたものか

三匹の子豚 のお話ではないけれど
外敵や嵐の時はどうしたんだろう

e0234924_06331588.jpg

おっと
平成時代の住居がー

平安時代になると
随分進化した感じ

平安時代って
雅なお姫様が十二単を羽織って
しなやかに・・・・・ってイメージがあった
庶民は何を着ていたんだろう

平成時代が平安でありますように

e0234924_06404972.jpg

その頃もこの花は咲いていたのかな~







[PR]
by jarippe | 2016-03-26 06:46 | Comments(3)

  100年以上前100年以上先を思って

e0234924_05421842.jpg

今日は彼岸明け お天気に恵まれ
皆さまゆったりと
ご先祖様と向き合えることができたことと思います

e0234924_05564655.jpg


我が家も義兄夫妻とにぎやかに過ごすことができました
高齢になりこうしてお墓参りする機会も少なくなりました

帰りにお土産に
下諏訪の塩羊羹を是非にということで諏訪へ

e0234924_05590804.jpg

途中 諏訪大社春宮の近くの石仏を見て
中山道をきょろきょろしながら

諏訪大社秋宮の隣のお店へ

e0234924_05492000.jpg

なにやらこのお店でしか売っていないとのこと
あっさりした塩味の羊羹です

e0234924_05544931.jpg


諏訪大社は今年御柱祭があります
奇祭 危祭?
家族の心配を振り切って
男衆の血が騒ぐというお祭りです

来月から6月までその一環の神事が続きます

e0234924_06023078.jpg

神殿のわきには
大きな白松と並んで
7年前の御柱が堂々と立っています

本宮 上社 下社が二つ
四つの神社に4本の御柱を立てます
樹齢 100年~150年というモミの木です

100年以上前 100年以上先を思って
モミの木の苗を植えてくれいた先人の思いが伝わります

今も毎年植樹しているそうです

e0234924_06083667.jpg









[PR]
by jarippe | 2016-03-23 06:15 | Comments(5)

  今が旬?  上田へ  

e0234924_05525621.jpg

都会に暮らす義兄夫妻がお墓参りに来た

どこかへ行こうかー

そうだ今が旬 上田へ行こう

🚙で1時間もかからない

e0234924_05590926.jpg

近づくにつれゾロゾロ人の波

赤い旗がヒラヒラ

それには○○○の六文銭

つられて気分も高揚してしまった

e0234924_06031054.jpg

いつも横目で通り過ぎていたのに

見てみれば聞いてみれば知らないでいたことがいっぱいだ

歴史に弱い自分 真田親子の戦い宿命を学んだ

e0234924_06095010.jpg

並ぶドラマ館には 砦 真田丸があった

その後 義兄たちの希望もあって

無言館へ

二十歳前後の若者の純粋な素直な気持ちに胸がいっぱいになった

掲げられたたくさんの絵

描くことに夢中になっているその姿を想像した

親 兄弟 妻子 恋人 友達・・・・・そして故郷

深い思い 深い愛 自分の立場

それらがにじみ出た手紙

e0234924_06251909.jpg

若者は夢を追いかけ努力し苦労し

友と語らい笑顔をかわし

恋人と未来を語りさらに夢を大きくし

前へ前へ進んでいてほしいと

つくづく思った

e0234924_06265213.jpg




 


[PR]
by jarippe | 2016-03-22 06:50 | Comments(3)

  お花見のころには

e0234924_06280649.jpg

変わりやすい春先のお天気
あんなに良いお天気だったのに
今日は朝から雨降りです

先日の良いお天気の日に
城山公園へ行きました

ここは昔々
松本城の御殿様が
皆のために開放してくれ
以来公園へとなったと言われています

e0234924_06342838.jpg

確かに 街が一望でき
その昔は攻め入る敵を見張るのには
都合の良いところだったことでしょう

遠くに薄く見える白い山は
八ヶ岳です

e0234924_06371933.jpg

新緑のころ 夏は日陰でくつろげます
この木々の中に著名人の石碑が沢山あります
今回その一つを見に出かけたのです

ぐるりと桜があり
当地では指折りのサクラの名所となっています

我々の若いころは
デートスポットでもありました

e0234924_06410913.jpg

お花見のころには
この芝生は人でいっぱいになります

まだまだ緑が少ないですが
桜の蕾も堅いですが
春の日差しにゆったりできました







[PR]
by jarippe | 2016-03-19 06:49 | Comments(6)

   White Mountain

e0234924_10142774.jpg


モノクロの景色が一転

青と白と緑に包まれ

春の光が背に温かい

小鳥のさえずりも一段と高らかだ

e0234924_10275264.jpg

保育園の子供たちも

キャッキャキャッキャ

このままずっと空を仰いでいたい

「 この里に 手まりつきつつ子供らと 
          遊ぶ春日は 暮れずともよし 」
                           良寛


e0234924_10321457.jpg

白い山にカメラを向けていたら

「今日はきれいだねー」と声をかけてくださったオジサン

きれいですねー と笑顔になれる

清々しい朝となった

e0234924_10342172.jpg

大きな常念岳の向こうに

ちょこんと槍ヶ岳がとんがって見えた

ぐるーっと白い山に囲まれた今日は

彼岸の入



e0234924_10384271.jpg









[PR]
by jarippe | 2016-03-17 10:40 | Comments(7)

  White day



e0234924_09442998.jpg

今朝です
一か月前の写真と同じみたい
細かな雪が静に降っています

そうだ
今日は White day
空も素晴らしい演出をしてくれた

気持ちの籠もった
温かいお付き合いを
いつも心がけて行きましょう

e0234924_09513193.jpg



e0234924_09571821.jpg


年の初めに始めた
ときどき絵日記

2~3日に1ページ
人様にお見せするものではないけれど
パラパラ振り返って見ては
楽しんでいる

何でもいいや 自分が楽しめれば・・・・・

e0234924_10051435.jpg


 子供のお習字教室の壁に
大きな紙が貼ってあった

e0234924_09595246.jpg

子供っていいなー いいなー
エネルギーが満載 はちきれそうだ
こちらまでワクワクしてくる
ありがとう!!

大きな夢に向かって頑張ってね







[PR]
by jarippe | 2016-03-14 10:04 | Comments(7)

ゆっくり行こうよ


e0234924_17213517.jpg


重い雪が木々にポッタリ乗っていたけれど
ポタポタ融けてうすら寒い土曜日となった
雪が降るのも寒いのも暖かいのもみんな
春への一歩
焦らず慌てず一歩づつ

ゆっくり行こうよ
せかせかしないで
ガリガリしないで
行ったり来たり
一歩づつ一歩づつ

e0234924_17345115.jpgさっそく観てきた
どうやって撮影したんだろう・・・・・
なんてことばかり思ってみていた

エベレストって山は世界一高い山なんだもの
そんなに簡単に登れるわけがない
それでも挑む人たちがいる
何がそうさせるのか
とてつもなくでっかくて
険しいきつい厳しい苦しい
太刀打ちできないその岩に氷壁に
立ち向かうのって何なんでしょう





e0234924_17434170.jpg

ナズナ フキノトウに続く
アサツキ いつのまにか大きくなっていた
今晩のお楽しみ
この緑と白さと香りが
早春の味

e0234924_17473352.jpg









[PR]
by jarippe | 2016-03-12 17:49 | Comments(2)

  尊敬される国・・・・・

e0234924_05542379.jpg

前日は う~ら~ら~ う~ら~ら~の日だったのに
翌日の昨日は 一転


e0234924_05562780.jpg

数か月逆戻りしたようでした
行きつ戻りつとはいうものの
戻りすぎではないかしら
明日にかけて寒さが続くようです
暖かくして過ごしましょう

e0234924_05581628.jpg

今日は3月10日
5年前のこの日は何事もなく普通の3月10日でした
まさか次の日にあんな恐ろしいことが起きること
誰一人思っていなかった 
明日はその日から5年過ぎた3月11日です

あの現実がTVなどで繰り返し映し出されています
5年の経過が語られています

〝あの日から日本は変わった” と感じました
でもこのごろ本当に変わったのかなーと感じています

e0234924_06065092.jpg

昨日の毎日新聞 山田洋次さんへのインタビュー記事から

「・・・・・・何も罪のないのにこうした厳しい生活を余儀なくされている人が
今も大勢いる 震災被害 もっと親身に考えなければならない
国は五輪や憲法改正なんかよりも優先してやらねばならないことでしょう

震災の犠牲者のことを真剣に考える国であってほしい
そんな国であれば
外国からも尊敬されるんじゃないかな
僕はそう思いますね。 」

尊敬される国なんて。。。。そんな国に住みたいな~♡♡♡

以前山田洋次さんが
「 日本は強い国でなくて
美しく丁寧に生きる国がいい 」
と話されていたことを思い出しました

e0234924_11535496.jpg


震災の事原発の事
しっかり向き合っていきます
忘れられるものですか
力はないけれど何もできないけれど
決して心は離れません

自分にできることを常にしていこうと思っています







[PR]
by jarippe | 2016-03-10 06:33 | Comments(4)